お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問合せ

03-6459-5841

WEB予約

ご予約はこちら

なぜ静脈内鎮静法を用いた無痛インプラントを導入したのか?|自由が丘で患者様を家族のように想う歯医者 | 自由が丘ブライト歯科

お問い合わせフォームはこちら
自由が丘ブライト歯科
自由が丘ブライト歯科へのお問い合わせ:03-6459-5841

電話予約

Web予約

アクセス

なぜ静脈内鎮静法を用いた無痛インプラントを導入したのか?

きっかけは私の兄(総合新川橋病院理事長)が友人(医師)から聞いた話を教えてくれた時でした。

その兄の友人がアメリカに留学したとき、歯が折れてしまったとのことでした。
急遽インプラント手術が必要となり、アメリカの歯科医院でインプラント手術を受けました。
その時、アメリカではインプラント手術の際に当然のように静脈内鎮静を行うということを知ったそうです。

その兄の友人の意見によると、
「本当に眠っている間にあっという間に終わっていた。痛みもないし、不安な気持ちを味わうこともないし、凄く良いから日本でももっと導入をしていった方が良い。」とのことでした。

実際、兄の病院でも胃カメラ(内視鏡検査)や大腸ファイバー検査の時などに静脈内鎮静法を行うことによって、
痛みがなく楽に検査が受けられるという意見が多いということから、インプラントなど歯科の手術にも導入を勧められ、
当院でも静脈内鎮静法による無痛インプラント治療を行うことにいたしました。

当院では提携医院である、その総合新川橋病院の麻酔科の医師を呼び、プロフェッショナルによる、
より高度なレベルの静脈内鎮静法を行うようにしております。
そのため患者様は手術の際の痛みや不安がなく、眠っている間に安心してインプラント治療を受けられるようになりました。

費用は別途かかりますが、インプラントの手術が怖い、痛いかもしれないのが嫌だと考えていらっしゃる方には
本当におすすめできる方法なので、詳しくは一度お問い合わせいただければと思います。

料金:70,000円(税抜)

あわせてお読みください

PAGE TOP