お問い合わせ・ご予約

お電話でのご予約・お問合せ

03-6459-5841

WEB予約

ご予約はこちら

歯科口腔外科|自由が丘で患者様を家族のように想う歯医者 | 自由が丘ブライト歯科

お問い合わせフォームはこちら
自由が丘ブライト歯科
自由が丘ブライト歯科へのお問い合わせ:03-6459-5841

歯科口腔外科

歯科口腔外科(こうくうげか)とは?

親知らずが腫れた、ころんで唇を切った、口の中にできものがあるなど、あごや口の病気、外傷に対して外科的治療を行います。
全身麻酔など入院下での加療を要する場合は近隣病院の口腔外科と連携致します。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

一般的に17~30歳頃に生えてくる前歯から数えて8番目の歯のことをいいます。
永久歯の中で一番最後に生えてくるためスペースがなく、横や斜めに傾いたり、骨の中に埋まったまま生えてこない場合があります。

このような親知らずは腫れたり、隣の歯まで虫歯にしてしまうことが多く、トラブルの原因になりがちですので、抜歯した方が良いでしょう。

当院の親知らず抜歯の特徴

大学病院では口腔外科を専門としている医師が施術を行います。

大学病院で施術を行っている医師が当院に出勤しています。
そのため、大学病院にお送りしなければ対応できないような、歯が埋まってしまっているケースや真横に倒れている親知らず抜歯のケースでも当院では対応できることがほとんどです。
また大学病院の口腔外科に所属している医師による親知らずの抜歯になるので、少なくとも可能な限り短時間で、出来る限り痛くなく・腫れにくい施術を行うように心がけています。

その日に施術を行うことも可能です。

大学病院の口腔外科専門の医師が施術を行うため、患者様のご希望があればその日に抜歯を行うことも可能です。
ただ、患者様のお口の中の状況、症例の難度や炎症の程度によっては必ずしも当日行えるわけではないので、一度見せていただいた上で判断させていただくようにしています。

※口腔外科医の出勤日は水曜日となります。

顎関節症(がくかんせつしょう)とは?

顎関節症

あごの関節周りの何らかの原因で、あごが鳴ったり、痛みや口が開かないなどの機能低下が起きることを言います。
肩こり・頭痛・難聴・めまい・食欲不振などの症状が出てくる場合もあり、生活に支障をきたします。

顎関節症の場合、あごの関節とあごに関連する病気に対して治療を行います。マウスピースを使用する場合があります。

また生活習慣病的な部分が大きいため、歯ぎしりや偏咀嚼などの悪習癖を改善するための、患者様自身が行うセルフケアも重要な治療になります。
その他には薬物療法、原因 となる噛み合せの矯正、関節腔内を洗浄、内視鏡下での外科的手術などの方法によって治療を行なうこともあります。

いびき対応

いびき対応

いびきでお悩みの方…。
マウスピース(スリープスプリント)を入れて、安心して眠って頂けるように、いびきの解消、治療を行います。
※睡眠時無呼吸症候群(中枢性)の方は適応となりません。

口腔乾燥症(ドライマウス)

口腔乾燥症(ドライマウス)

口が渇く、舌が痛い、舌がヒリヒリするなど…。
お口の中の乾燥による違和感に対して治療を行います。近医内科や眼科との連携が必要な場合があります。

インプラント

インプラント

入れ歯がどうしても嫌だ…。隣の歯を削りたくない…。
インプラントは失った歯のかわりに、あごの骨の中に人工の根を埋め込み、被せ物を装着する治療です。
レントゲン撮影を行い、治療の計画を立てます。

インプラントの詳細について

診療予約・お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問い合わせ03-6459-5841

※土日は昼休みも診療しております。

ご予約はこちら

診療時間
09:00~13:00
14:30~19:00
09:00~15:00

PAGE TOP